本日ご紹介するのは、三重県にある

「CAMP in 海山」


銚子川という透明度がとても高く、きれいなブルーに輝く川沿いにあるキャンプ場です。

海山町の港から少し山に入ったところにあります。

DSCF3509



銚子川についてちょっと触れると...


三重県南部紀北町を流れる二級河川。

日本有数の降雨量(年間平均約5,000mm)を誇る大台ケ原を源とし、全長わずか17キロメートル。

約1,400mの標高から山中をよどむことなく一気に流れ、集落付近からゆるやかに熊野灘に注ぎ、その透明度は『キセキ』と称されています。


紀北町HPから抜粋)


標高3000m級の山から出る水がとてもきれいなのはよくわかるのだけれども、

たった1400mの山から溢れ出る水がこんなにも透明度が高いのは確かに奇跡...!!


それほど山の植生がいいのかもしれない。

そういえばここは熊野古道の街だっけ。

森が守れてきたからこそ、川の奇跡が起きて、生活源となる海から豊富な命がもらえる。


その名のとおり山と海に囲まれた自然のパワーを感じた町でした。


DSCF3531

キャンプ場のオーナーさんにご挨拶をしたら、わたしのことを知ってくれていて、

恐縮ながらサインを書かせていただいたのでもしかしたら管理棟にあるかもしれません。

とても素敵なオーナーさんとスタッフさんとお話できてうれしかったです。また行きたいなぁ。

開放的な区画サイトですが、ちょうどいい距離感と、圧倒的な山と川のすごさで、

人との距離が気になりにくいかもしれません。

冬は川が少なくカヌーなどはできませんが、

春くらいには川でカヌーなども楽しめるそう。桜もきれいに咲くみたいです。


DSCF3535


今度は春に、また行きたいなぁ。



読者登録すると更新情報が送られてきます!

LINEで読者になる